空き家管理・活用企画センター 空き家のトータルコンサルタント

スタッフブログ「なんでも空き家」

空き家に関するあらゆる情報をセンタースタッフが毎週木曜日にお伝えします。

2018.02.20浜松市の空き家改修計画「やどかり式」

静岡新聞によると、空き家の木造住宅を全面的にリフオームして資産価値を回復させ 市場に戻す事業「ヤドカリプロジェクト」の第一弾として、浜松市中区の1級建築士 白坂隆之介さんが「がんばり坂の家」を同区鴨江に無事完成させたようだ。

当面は自宅兼事務所として使い、その後転売する計画とのこと。

白坂さんは「地方の不安材料となっている空き家を安心安全な長寿命住宅へと改修することで空き家問題解消に向けた課題解決になるだろう、と話したようだ。

 

58年の木造平屋建住宅を購入し、骨組みの状態まで解体して改修・補強した。

柱や梁はそのまま使用し、床や天井などは新しく作り直した。ロフトや土間などもあり、窓も大きくして開放感がある作りとなり、住宅性能を保証する公的な証明書も取得して耐用年数も引き上げたため、資産価値も減りにくいという。

このような空き家への新しい動きに注目したい。

 

最新エントリー
月別アーカイブ