空き家管理・活用企画センター 空き家のトータルコンサルタント

スタッフブログ「なんでも空き家」

空き家に関するあらゆる情報をセンタースタッフが毎週木曜日にお伝えします。

2018.02.28所有者不明の土地問題政府が抜本的な対策検討開始

ダイヤモンド社の記事によると、政府は所有者不明の土地や空き家問題の抜本的な対策に乗り出す方針を打ちだしたようだ。

 

現在、多くの土地や空き家が両親が死んだ後など土地価格が安い等の理由で相続せず、持ち主がわからくなると言うケースが多発しており、その面積が410万ヘクタールもある。すなわち、四国2個分・九州と同じぐらいの広い面積が現在所有者不明で、26年後には北海道の大きさにまでなるという。

 

登記を義務図ける法律の制定や、土地所有権の放棄を認める法律などによって対策をしてゆくようである。

登記の義務化などによって所有者不明問題が減ってゆくのは望ましいため、是非推進してもらいたいものです。

最新エントリー
月別アーカイブ