空き家管理・活用企画センター 空き家のトータルコンサルタント

スタッフブログ「なんでも空き家」

空き家に関するあらゆる情報をセンタースタッフが毎週木曜日にお伝えします。

2018.04.13松山刑務所受刑者逃走、島の空き家1000件以上で捜査難航

産経WESTによると 松山刑務所大井造船所作業場(愛媛県今治市)から受刑者が逃走した事件で事件発生後の12日、最大規模の約900人の警察官が平尾龍麿容疑者(27歳)を逃走容疑で指名手配し行方を追った。

彼は広島県尾道市向島に逃走、静かな島がものものしい雰囲気に包まれた。

この島には空き家が1089軒も存在する。空き家の捜索には立会人が必要で、捜索に手間取っているようだ。

投入された警察官は愛媛県から600人、広島県から300人の合計900人。それに加えてヘリコプターが2機、パトカー、白バイのほかオフロードバイクも捜索に参加している模様。

 

逃走から5日目、捜索難航の背景に島内に存在する多くの空き家の存在がある。

所有者を確認できなければ捜査が出来ず、目視だけで確認をしていることもあり逃亡者の発見に苦労しているようだ。

数多くの空き家が捜査を妨げている事例として、また犯罪対策として、今後法改正などの対応を考える必要があるだろう。

最新エントリー
月別アーカイブ